FC2ブログ

    -EOS kiss X6は2400万画素になるとの噂が-


    ブログTOPへ><RSStwitter←ブログが更新されたらツイートします >
    某有名サイトで来年春発売予定の EOS kiss X6は2400万画素になるとの噂が掲載されました。
    それに対するコメントは新機種発表の時と同じ勢いで伸びており、キヤノンの動向を気にする方が多いことが分かりますね。

    2400万画素といえばソニーα77、NEX-7と同等の画素数、ちなみにキヤノンフラッグシップ機のEOS 1Dsmk4、私の持っている5Dmk2など、キヤノンフルサイズ機を超えてきます。

    さてさて、ここで2400万画素という必要性を考えてみましょう。
    まず、個人的な意見ですが、結論から書くと2400万画素も必要はありません。
    今搭載されている1800万画素でも十分すぎるぐらいです。
    トリミング耐性云々といいますが、エントリー機を使っている方は大抵トリミングをしませんし、プリントに出すとしてもL,Kサイズ、大きくてもA4やW4程度でしょう。
    一眼初心者の方に2400万画素というのは、とてもとてもオーバースペックです。

    皆さんも考えていることは同じようで、某サイトのコメントで多くを占めたコメントが

    2400万画素は不必要!ふざけるな!

    というものでした。
    私も2400万画素の必要性はあまり感じませんし、必要だとは思いません。
    しかし、ライトユーザーにとって2400万画素というのはとてもステキな響きなのです。
    デジカメの平均画素数が1400万画素程度のこの時代に、ちょっと良いお金を出せば2400万画素という超高性能機が手に入ると思ってしまうのですから。

    キヤノンのkissやNikonD5000,3000ラインを購入していくライトユーザーが、どの会社の一眼レフを買うかを決めるか吟味する際に見る項目は、あくまでも主観の考えですが

    ・価格が安い
    ・画素数が多い


    この2つだと思います。
    シャッター枚数も少し関係してきますが、正直3.5コマも4コマも5コマも、同じように見えてると思います。(ただしαシリーズに関しては別かな?SONYを買う人は連写速度を求めて買う人が多そう)

    まず価格。
    一眼レフを使っている方にとってボディが5万や10万は当たり前の世界ですが、一眼レフを購入するぞ!という人たちの思考はカメラ=2万円程度という固定概念が存在します。

    今眼の前に6万のキヤノンと8万のNikonがある。さて、どうしよう?
    初心者のAさんはとても悩んでいます。
    カメラは2万円ぐらい。そんな固定概念を捨てて一眼を買う決意を持っている方たちですが、心の底ではカメラの価格に対する固定概念は捨て切れません。

    ここでAさんは最終的に、キヤノンの6万円の機種を選びました。
    これはごく自然な流れ、同じスペックの8万円のニコンは、他に思い入れが無い限り購入されません。
    それに二万円の差で、高倍率ズームが出来るコンデジが一台買えちゃいますからね。
    同じようなスペック、同じエントリー機というラインに並んだ時、価格は決め手になることが多いです。


    さて、もしここでキヤノンが1800万画素に対して、ニコンは2400万画素だったらどうでしょうか?
    Aさんは考えます。1800万画素にするか、2万円足して2400万画素にするか…。
    うーん、せっかく高いお金を出して購入するんだし、ここは妥協せず2400万画素のニコンにしよう!

    こんな展開は現実にあり得る話だと思います。高い買い物の時、スペックに明確な差があった場合、多少高くてもいい物を買う傾向があるからです。
    初めて一眼を買うAさんは、画素数が多ければ多いほど画質が良くなると思っているのですから、高い方を買う可能性は十分考えられますね。

    低画素だけど低ノイズ!ダイナミックレンジの幅が広い!
    高画素最先端の技術を使用!細かいところまでよく写る!

    低画素にするメリットは沢山ありますが、それを初心者に説明するのはなかなか難しいです。

    このように、目に見えてすぐ差が理解できる画素数は大きなセールスポイントとなり、結果として各メーカーが必死に高画素化を目指していきます。


    先ほど出したサイトのコメント欄に"2400万画素は不必要!ふざけるな!"と書く人たちが沢山いるのは、
    初心者ではなく噂サイトを見るぐらいカメラが大好きな人な玄人さんが集まっているから。
    ちなみになぜ彼らが断固反対するのか、その理由をコメントから抜き出してみると…

    ・ダイナミックレンジが狭くなる
    ・高感度の画質が向上しない
    ・画像ピッチが狭くなる
    ・レンズの性能が追いつかない
    ・一枚あたりのデータ量が増えて、保存枚数がヘリ、更にPCの作業が重くなる


    などなど、高画素化の欠点を突いた書き込みが沢山あります。
    さて、この文書を読んだとき、一眼レフを初めて購入しようと考えているAさんは、果たして理解できるでしょうか?
    結果は考えなくてもわかりますよね、知識がないAさんは分かるはずがありません。

    つまり、初心者が分かりやすく、かつ購入の決め手で重要な指標となる画素数は、各社メーカー上げ続けるしか無いということです。

    キヤノンは1DXでフルサイズ、画素を抑えたカメラを市場に送り出してくるので、プロ、ハイアマの意見も尊重している…と思いたいところ。
    5D3の高画素化はもはや避けられない道ですが、7D、60Dの後継機種は画素数据え置きでノイズレスを目指して欲しいですね。


    関連記事

    テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

    1. 2011/12/07(水) 01:04:01|
    2. -その他-
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<-月食- | ホーム | -ビスケットカメラと散歩->>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://rise109.blog58.fc2.com/tb.php/408-9f4efc1a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Rise's Photo Gallery...

    プロフィール

    りせ

    Author:りせ
    風景から花、人物からスナップまで、ジャンルを問わず、自分の好きなように撮影しています。
    お気軽にコメント等残して頂けると嬉しいです^^*


    Twitter_lg.png

    カテゴリ

    -自己・カメラ紹介- (1)
    -フォト@GRIV- (34)
    -フォト@DP2 Merrill- (36)
    -フォト@観光- (106)
    -フォト@動物- (29)
    -フォト@地元- (21)
    -フォト@花- (26)
    -フォト@風景と空- (40)
    -フォト@花火- (19)
    -フォト@フィルム- (1)
    -フォト@食べ物- (9)
    -フォト@流れ星・天体- (8)
    -フォト@モノクロの世界- (18)
    -フォト@植物- (4)
    -フォト@国営昭和記念公園- (23)
    -フォト@Rollei 35- (1)
    -フォト@ビスケットカメラ- (6)
    -フォト@OLYMPUS TRIP 35- (2)
    -機材レビュー- (25)
    -カメラ機材- (65)
    TOKINA AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5 (1)
    タムロン(A16) SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] (1)
    EF-S 55-250mm F4-5.6 IS (1)
    EF 70-200 F4L IS USM (1)
    バッテリーグリップBG-E6互換品 (1)
    NIKKOR 55mm F1.2 (2)
    -その他- (82)
    Art 50mm F1.4 DG HSM (2)

    月別アーカイブ

    最近の記事+コメント

    ユニーク

    トータル

    リンク

    Amazonオススメ商品


    RAW現像の決定版

    Lightroomと一緒に

    花の撮影の勉強に

    格安SDカードの決定版

    わかりやすい教本

    ポートレートの教科書

    小物・商品の撮影に

    簡易マクロに便利な一枚

    初心者さんにオススメ!

    Merrillを使いこなすために…

    Canonと言えばコレ

    ポトレには欠かせない一品

    フィルターセット