FC2ブログ

    -手作りディフューザー-


    ブログTOPへ><RSStwitter←ブログが更新されたらツイートします >


    GWもついに終わってしまいました!
    最終日の二日間は写真を取りに行けたので満足です(*´ω`*)

    今日はポートレートを撮る機会がありまして、夕方でも撮影出来るようにと内臓ストロボを生かせるディフューザーを朔日探していたのですが、中々好みのものがない!

    (ディフューザーとはこんな商品→エツミ ストロボアクセサリー ポップアップストロボディフューザー E-6218)

    町田のヨドバシは(確か)色々な種類が安価で売っていたのですが、新宿のヨドバシカメラ館には何故か少ししか取り扱ってない!!!
    渋谷のキタムラにもヤマダにもビックカメラにもない!!!


    これでは間に合わない!!


    どうしようかと悩んだ末思いついたのが、ディフューザーの自作です。
    ティッシュをディフューザーの代わりに使うことは前から聞いていたので、無理に探さなくても自分で簡単に出来るのではと思ったのです。

    そうと決めたらすぐ行動!!

    材料集めには細々な材料、幅広い商品が集まる場所、100均を利用しました。

    こんな経緯が会ったので、今回は

    百均(100均)商品で作るディフューザー!

    を紹介したいと思います。

    完成して装着した時の全体像はこんな感じ。


    DSCF1168.jpg
    (画像が荒い><)

    DSCF1172.jpg


    見た目は手作り感満点でチークですが、結構拡張性があって使い易いんですよ^^*



    それではまず材料から。

    今回は子供用のレインコートと4個セットで売っている小さいタッパーを使ってみました。(白色スプレーもあると便利かもしれません。)
    多分100均でおなじみのダイソーに行けば揃うハズ。タッパーは食品保存形のタッパー、プラスティック売り場に売っています。


    DI20100505-1.jpg


    まずタッパーを内臓ストロボにはめられるように加工します。


    DI20100505-5.jpg


    裏側の黒縁部分をくり抜いて…


    DI20100505-6.jpg


    自分の内臓ストロボに上手くフィットするように少しずつ形を変えていきます。
    多分こんな形にすれば大丈夫!


    次にこれを白色スプレーで外側部分を真っ白に染め上げます。(染めなくても問題無し?私はタッパー色だとちょっと見た目が気になったので白くしました。)


    これで基盤は完成です!!!



    次にディフューザーの役目を果たす部分の作成に移ります。


    この部分はティッシュで代用出来るようなものなので、半透明性の白い物なら何でもいいと思いますが、今回は価格が安く大きくて、ちょうど良い色合いの子供用カッパ(雨具)を使いました。もちろん大人用でも問題ありません。


    このカッパをタッパーの蓋の太さで長く切り取り、タッパーのサイズにあわせて折りたんでください。
    (厚さは8枚~15枚ぐらいがいいと思います。長さが足りなかったら6枚重ねを二個作って重ねるなどして厚さを調節して下さい。もちろんタッパー蓋と同じ大きさに切り取った物を重ねても問題ありません。)


    折りたたんだ後はホッチキスなどで止めます。


    最後に、タッパー蓋のオモテ面に両面テープなどを使って貼りつけて下さい。


    DI20100506-1-5.jpg

    こんな感じです。

    そしてココが大きなポイント
    このカッパの厚さを自分なりに調節することで、ディフューザーの効果を調節することができます。(8枚重ね、10枚重ね、15枚重ねなど)
    内蔵ストロボの直光はきついけど、ちょっとだけ光を弱めたい時は8枚重ねを装着し、少しだけ補助光を使いたい!というときは15枚重ねを装着。このように状況に合わせた応用が効きます。


    この100円タッパーは4つ入りなので、蓋は4個。つまり8枚、12枚、16枚、20枚など、4種類のオリジナルディフューザーを作る事ができます。


    DI20100506-2-4.jpg


    上の写真は10枚重ねの物。蓋に枚数を書いておけば管理は簡単。薄いので持ち運びもらくちん(*´ω`*)



    そして最後に装着方法です。



    私は装着は以下のように行いました。


    DI20100506-1-4.jpg


    まず上の写真のように、粘着性が強い(ただしベタつかない、ビニールテープのようなもの)テープを上部に付けます。
    この際、スプレーしたペンキが剥がれます(要改良)



    そして下の写真のように固定すれば完成です。


    GetAttachment.jpg


    テープが弱いと落ちてしまいますが、ダイソーに売っている透明のビニールテープを使えば縦にしても逆にしても落ちることはないと思います。


    そして最後に、カッパを切り取って作った蓋を取り付ければ完成です!!


    DSCF1168.jpg



    こんな物で果たして効果はあるものなのか?

    簡単に実写レビューしてみました。ちなみに10枚重ね装着での効果です。
    シャッタースピード、絞り、撮影環境は全て固定にしてあります。


    まずは狼のぬいぐるみから。


    DI20100506-2.jpg
    フラッシュ無し。


    DI20100506-1.jpg
    内蔵フラッシュ直射


    DI20100506-3.jpg
    自作ディフューザー10枚重ね



    内蔵ストロボ直射の方ぬいぐるみの色合い、質感のコントラストが強く、後ろの影も濃く写っています。

    それに対して

    ディフューザーをつけた方ぬいぐるみのコントラストは柔らかくなり、後ろの影のも薄く綺麗になっているのが分かると思います。


    次に黒い手帳。


    DI20100506-3-2.jpg
    フラッシュ無し。


    DI20100506-1-2.jpg
    内蔵フラッシュ直射



    DI20100506-2-2.jpg
    自作ディフューザー10枚重ね


    ディフュザーの方は手帳面のフラッシュ反射が少なくなり、フラッシュの光が上手く和らげられている事が分かります。


    この結果より…


    手作りディフュザー大成功!


    なんておっきな事言ってみます(笑)


    まだまだ改良点は沢山ありますが、個人的には納得のいくディフュザーが完成しました。
    蓋を変えることでワンタッチで光量が調節できるのは、個人的に大きな収穫です。市販のものは柔らかくするだけで調節は出来ない(?)ですよね!


    ディフューザーは市販で販売されているものは1000~2000円とカメラ用品では安いので買っちゃうのが一番お手軽で楽ですが、手作りするのも楽しいので、機会があれば作ってみて下さい(*´ω`*)


    次回は今日と昨日の写真を少しだけUPしようと思います^^*




    RSStwitter→ブログが更新したらつぶやきます



    100均の道具・材料・商品で作るカメラ用ディフューザーのちっちゃなまとめ
    -材料-
    カッパ(雨具)
    小さなタッパー(4個入りの物をしよう。内臓ストロボより若干大きいもの。)
    ビニールテープ
    両面テープ
    ホッチキス
    白色スプレー(無くても可)

    関連記事

    テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

    1. 2010/05/06(木) 02:29:31|
    2. -カメラ機材-
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<-関西旅行リアルタイム更新@1日目- | ホーム | -2009年の写真@4->>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://rise109.blog58.fc2.com/tb.php/215-b351e3d0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    Rise's Photo Gallery...

    プロフィール

    りせ

    Author:りせ
    風景から花、人物からスナップまで、ジャンルを問わず、自分の好きなように撮影しています。
    お気軽にコメント等残して頂けると嬉しいです^^*


    Twitter_lg.png

    カテゴリ

    -自己・カメラ紹介- (1)
    -フォト@GRIV- (34)
    -フォト@DP2 Merrill- (36)
    -フォト@観光- (106)
    -フォト@動物- (29)
    -フォト@地元- (21)
    -フォト@花- (26)
    -フォト@風景と空- (40)
    -フォト@花火- (19)
    -フォト@フィルム- (1)
    -フォト@食べ物- (9)
    -フォト@流れ星・天体- (8)
    -フォト@モノクロの世界- (18)
    -フォト@植物- (4)
    -フォト@国営昭和記念公園- (23)
    -フォト@Rollei 35- (1)
    -フォト@ビスケットカメラ- (6)
    -フォト@OLYMPUS TRIP 35- (2)
    -機材レビュー- (25)
    -カメラ機材- (65)
    TOKINA AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5 (1)
    タムロン(A16) SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] (1)
    EF-S 55-250mm F4-5.6 IS (1)
    EF 70-200 F4L IS USM (1)
    バッテリーグリップBG-E6互換品 (1)
    NIKKOR 55mm F1.2 (2)
    -その他- (82)
    Art 50mm F1.4 DG HSM (2)

    月別アーカイブ

    最近の記事+コメント

    ユニーク

    トータル

    リンク

    Amazonオススメ商品


    RAW現像の決定版

    Lightroomと一緒に

    花の撮影の勉強に

    格安SDカードの決定版

    わかりやすい教本

    ポートレートの教科書

    小物・商品の撮影に

    簡易マクロに便利な一枚

    初心者さんにオススメ!

    Merrillを使いこなすために…

    Canonと言えばコレ

    ポトレには欠かせない一品

    フィルターセット