FC2ブログ

    -HAKUBA クリップオンストロボディフューザー 2WAY L DSD-CL2L-


    ブログTOPへ><RSStwitter←ブログが更新されたらツイートします >
    こんにちは^^*

    最近シグマの50mm F1.4 DG HSM Artのレビューが話題ですが(主に自分の中で)
    やっぱり欲しくなっちゃいますね。

    何度か触る機会がありましたが、AFも正確(5DmkIII)で旧50mmの難点をクリアし、更に開放でも中央部の描写に関しては
    ずば抜けているのを自分で既に確かめているので…予約してしまいました。

    35mmの価格変動を見ても、発売してすぐに値崩れするわけではなさそうですし、買うなら発売日でしょ!
    ということで、週末は都内へ出て色々撮ってきたいと思います。
    楽しみ!


    先日Amazonでストロボディフューザーを買いましたので、簡単にレビュー

    IMG_0323.jpg
    EOS 5D markIII + EF 100mm F2.8L MACRO + 580EX II

    購入したのは"HAKUBA クリップオンストロボディフューザー 2WAY L DSD-CL2L"
    580EX IIにつけると結構大きいです





    IMG_0324.jpg

    正面から
    さすがに値段相応な見た目。
    もうちょっと高級感が…とも思いますが、高級感を与えるために素材を変えるのも意味ないですし
    なによりこの見た目なので軽い!という利点もあります


    IMG_0325.jpg


    バウンズするとこんな感じ


    IMG_0327.jpg


    横からみると結構大きい
    流石に町中で使うと目立つかな?モデルさんの撮影をするときはちょっと圧迫感がありそう。


    このストロボディフューザーで一番のメリットは、天井がないところでも
    きれいなバウンズ効果が得られるところでしょう。

    野外の撮影を行うとき、少しだけ明るさがほしい…なんて時に役に立ちそう。
    ポトレでもいい感じになりそうな予感。アイキャッチも入れられるところも◎

    もちろんバウンズせず、ディフューザーをつけて直光でも結構使えます。


    ストロボ無し
    2E7A8811.jpg

    ストロボ直光(580EX II)
    2E7A8812.jpg

    HAKUBA クリップオンストロボディフューザー 2WAY L DSD-CL2L 使用(直光)
    2E7A8813.jpg


    居酒屋で1カットパシャリ
    作例がいつも以上に適当ですが…。

    直接ストロボを当てると豆腐やビールの泡、ポップコーンが白飛びしてしまいます。

    それに比べディフューザーを使用した場合、直光でもかなり柔らかい光になり、白飛びを抑えてくれます。
    ポップコーンの質感まで見事に残してくれています。素晴らしい!

    ISO感度を上げてストロボ無しで明るく撮ればいいじゃん?なんて思う方もいらっしゃると思いますが
    特に暗い場所などはノイズもかなり目立ちますので、ディフューザー付きストロボの導入もありなんじゃないかと思います。

    これだけ効果があれば、いろいろなシーンで活躍しそう。

    物撮り、結婚式(来月)、ポトレ、マクロ撮影…

    んー次はやっぱり、シグマの50mm F1.4 Artとコラボでポトレかな!



    Photo…
    EOS 5D markIII + 580EX II




    テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

    1. 2014/04/21(月) 22:48:07|
    2. -機材レビュー-
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    -SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM レビュー@ポートレート編-


    ブログTOPへ><RSStwitter←ブログが更新されたらツイートします >
    2E7A4898_1.jpg
    Canon EOS 5D mark III + SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM

    こんばんは^^*

    昨日のCP+の記事に続き、本日はSIGMA 24-105mm F4 DG OS HSMで撮影した女性ポートレート作例を掲載していきます。
    モデルさんは毎度お馴染み、私の嫁でございます。

    SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSMのレビューに関しては、風景を交えたものをまた改めて書きますので
    今回はポートレート作例に絞っての掲載です。

    あまりポトレに関しては自信がないので参考になるかどうかはわかりませんが、これくらいの写真はこのレンズなら簡単に撮れますよ!という感じで見て頂ければと思います。

    *掲載している写真は露出・カメラ内設定(SP:ポートレート)以外の設定は一切変えておりません。
    RAWからのストレート現像、シャープネス標準、ノイズリダクションは低です。


    SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSMは俗にいうフルサイズ用便利ズーム。
    広角から中望遠までカバーし、オールマイティに使用ができます。
    スナップ・旅行に持っていく一本としてはベストな選択かと思います。

    奥さんや彼女さん、旦那さんや彼氏さんと旅行にいくなら、やっぱりちょっといい写真を撮ってあげたいですよね?
    旅行に一本便利ズームでも綺麗に撮れますよ!と思えるような、いい写りをしてくれるのがSIGMA 24-105mm F4 DG OS HSMです。


    2E7A3801.jpg
    Canon EOS 5D mark III + SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM

    こちらの写真はF4開放で撮影しています。
    絞らず開放でも安定して解像してくれるのはシグマの強みでしょうか。
    ポトレは柔らかいレンズが向いている!なんて言われますが、私はこれくらい綺麗に解像してくれる方が好みです。


    2E7A7414.jpg
    Canon EOS 5D mark III + SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM

    ふとした瞬間を撮って残せるのも一眼レフの魅力ですよね。
    ハッとした時にすぐAFが合うのも、SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSMのAF合致速度が早いおかげ(5D3のAF性能も抜群)
    単焦点のような髪の毛一本一本を解像してくれる切れ味と、テレ端105mmで撮った時の美しいボケ味は、さすが最新シグマレンズです。Artラインはやっぱり凄い。


    2E7A4342.jpg
    Canon EOS 5D mark III + SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM

    "あっ、このガレット美味しい!"
    なんて声が聞こえてきそうな1枚。
    ズームレンズなので表情だけ切り取ることもできますし、こんな感じで広角側で撮れば何を食べているか、何処にいるのかすぐわかる、記録写真を撮ることも簡単です。
    狭い空間でも臨機応変に切り替えが出来るのは、ズームレンズならではの魅力ですね。
    ボケ味も広角側、バッチリです。


    2E7A3787.jpg
    Canon EOS 5D mark III + SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM

    エスカレーター、ハイアングルで1枚パシャリ。
    少し寄って広角で撮れば、なんだか不思議な立体感のある写真も撮れちゃいます。
    一段絞って撮影、解像力は素晴らしいの一言。
    少し絞れば周辺減光も目立たなくなります。


    2E7A4895.jpg
    Canon EOS 5D mark III + SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM

    フランス旅行で撮った中でもお気に入りの1枚がこちら。
    5DmarkIIIの高感度耐性はもちろんですが、SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSMの手ブレ補正が試される1枚。
    ろうそくの明かりのみ、シャッタースピードが1/4秒でも手ブレ無く決められるのは、OS手ぶれ補正のおかげです。
    昔はサードパティレンズ=手ぶれ補正の効きがが弱い。
    なんて言われてましたが、今はほぼ互角でしょうか。全く問題なしです。

    2E7A5053.jpg
    Canon EOS 5D mark III + SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM *白いのは下着ではないので勘違いしないてくださいね!

    暗い所でもISO感度をあまり上げずに撮影できるのも手ぶれ補正の魅力の一つ。
    タムロン24-70 F2.8 VCも使っていますが、やっぱり大口径レンズでも手ぶれ補正があると便利です。
    キヤノンのEF 24-70 F2.8L IIは素晴らしいレンズですが、照明が少なく手持ちの撮影の機会が多くなる旅行では、無難に手ぶれ補正付きレンズを持っていくのがオススメです。


    2E7A6829.jpg
    Canon EOS 5D mark III + SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM

    開放F4では、周辺減光が撮影環境によって少し目立ちます。
    他情報サイト情報では開放で-2.5EVほど落ちるようですが、実際撮影してると数値ほど気になる感じはしませんでした。
    今回は無補正なので目立ちますが、周辺減光に関してはソフトの修正が効くので最近はそこまで気にされなくなりましたよね。
    純正には自動補正のメリットがありますので、後処理に関してはサードパティのウィークポイントですね。


    2E7A5525.jpg
    Canon EOS 5D mark III + SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM

    逆光の状態でもコントラストは良好。
    後ろから白い光が入り込み色収差が出やすい状況ですが、よく補正されています。
    それよりホワイトバランスが微妙…


    2E7A4819.jpg
    Canon EOS 5D mark III + SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM

    二段ほど絞ってモン・サン・ミッシェル内で1枚パシャリ
    手ぶれ補正で暗いところもバッチリ、便利ズームなので人物を入れた記録写真も難なくこなします。



    2E7A4943_1.jpg
    Canon EOS 5D mark III + SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM

    最後は広告写真っぽい1枚で。
    ピントが合っている所は素晴らしい描写です。

    今まで何度か撮影してますが、ポトレは中々露出が難しいですね。慣れてないというのもありますが…。
    肌を飛ばし過ぎると白い服は真っ白に、逆に抑えめにすると女性の肌の質感がうまく表現できない。
    モデルさんの撮影をされる方は本当に凄いと関心します。



    ということで、SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSMの人物撮影(ポートレート)レビューでした。
    旅行、スナップを撮りながらポトレもバッチリいけます。
    もうちょっと甘いピン好みであれば、他レンズのほうがいいかもしれません。
    逆に、私のようにキレのあるピントを求める撮影者さんは、おすすめの一本です。
    あとは、価格…ですね。


    Photo…
    Canon EOS 5D mark III + SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM



    テーマ:女性ポートレート - ジャンル:写真

    1. 2014/02/18(火) 12:20:33|
    2. -機材レビュー-
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:3

    -CONTAX i4R 少しだけ作例-


    ブログTOPへ><RSStwitter←ブログが更新されたらツイートします >
    IMG_9861.jpg
    コスメを意識しているということで、ブルガリを背景に…。

    こんばんは^^*
    今日は久々に手に入れたオールドカメラ CONTAX i4Rについて少し作例も交えて書こうと思います。

    近所にあるリサイクルショップに立ち寄った時、発見したのがこのi4R

    こんなスタイリッシュデジカメが存在していたなんて…しかもCONTAX。見たときは衝撃的でした。
    発見した当時は存在自体全く知らなかったのですが、ちょっと調べてみたところ稀少なカメラということがわかったので、早速お迎えです。


    CONTAX i4Rは、京セラ CONTAXデジタルブランド最後の機種であり、その姿の貴重さと前面に押し出されたCONTAXのロゴと味のある2.8/6.5の文字で今でもヤフオクで圧倒的な人気があるようです。
    どうも見た目のかっこ良さで、デザイン界・ファッション界に大人気だとか(本当か嘘か定かではない…。)

    簡単なスペック表(電子カタログより引用*カタログ洒落ている)

    画素数:400万
    レンズ:カールツアイス テッサー(3群4枚)
    絞り値:F2.8
    焦点距離:39mm(35mm換算)
    記録媒体:SD(SDHC非対応)

    画素数だけ見るとゴミ捨て場においてありそうなスペックですが
    やっぱり何時の時代でもレンズがカールツアイスというだけで存在感が際立ちますね。
    最近ではソニーブランドがカールツアイス搭載してますが、SONY&ツアイスは、何となく大量生産なイメージが強くて好きになれません。
    RXシリーズは現代のカメラとしてはいいんですけどね。なんだか綺麗すぎて買う気になりません(コンデジはじゃじゃ馬のmerrillちゃんが至極)

    中古では高くでていて、レビューサイトも幾つかみましたが
    作例があまり無いようなので、ちょっとだけ掲載します。

    横浜に少しだけ持っていっただけなので、あまり作品としては多くないですが、参考になれば

    先に感想を書いておくと…
    @400万画素とは思えないシャープさ
    @色合いはかなり淡白。現代のデジタル写真に慣れていると、ちょっと物足りないかも?
    @レスポンスは上々。AFFAIRSはスナップなら許せる範囲内です。


    KICX0005.jpg
    ランドマーク 縦
    彩度を上げて撮影してますが、かなり淡い色合に仕上がるようです。
    400万画素のデジタルカメラはもやっとした感じの写真が多いですが
    流石ツアイス キレがありますね。
    2L、ブログ掲載写真ぐらいなら十分ですね。


    KICX0006.jpg

    横アングルでも
    青空がもう少し青ければ、個人的には文句なしですが…。
    ビルのまど一つ一つが綺麗に描写されているのはさすがです。周辺も結構奮闘しています。



    KICX0007.jpg

    F2.8の明るさで40mmのレンズはスナップ写真を撮るには最強です。
    何となくオールドっぽく、それでいてデジタルの味…いいですね。


    KICX0009.jpg

    デジタルカメラなので被写界深度は深いです。背景までばっちり解像。
    スナップで雰囲気写真を撮るなら、このカメラを買う予算をローライ35あたりに回したほうが楽しそう…なんて思っちゃいますね。


    KICX0014.jpg

    金属・ステンレス系との相性は抜群です。
    質感まで伝わってきます。いいですねー素晴らしい。


    KICX0018.jpg

    今流行のふなっしーです。
    マクロで撮影。F2.8の明るさもあり、ボケも中々ではないでしょうか?
    感度を上げているのでちょっとノイジー


    KICX0020.jpg

    最近のカメラとちがって、のっぺりではなくカリッとした仕上がりです。
    感度を上げないでも撮影出来る環境であれば、i4Rは通常使いには十分な性能を発揮してくれそう。



    KICX0030.jpg

    ISO400にて撮影
    流石にこの年代のカメラ、ノイズが激しいです。
    ノイズを潰さないでディティールを残しているところは評価できそう。



    KICX0033.jpg

    手すりを使って、ISO100にて撮影
    黒部分のノイズは若干気になりますが、そこそこ綺麗に写っている印象。
    右下にフレアが発生しています。流石にこの強さの光を直に入れると、出ちゃいますね。



    中々面白いカメラです。
    もう少し使ってみようかと思います^^*

    Photo…
    京セラ CONTAX i4R


    *最近発売された極上カメラ100にも番外編として載っていました。
    立ち読みしましたが中々面白い本です。買わずとも、一度立ち読みしてみるのをオススメします。


    テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

    1. 2013/11/06(水) 00:48:11|
    2. -機材レビュー-
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    -FUJIFILM X-Pro1-


    ブログTOPへ><RSStwitter←ブログが更新されたらツイートします >
    先日兵庫県、神戸の三ノ宮・元町に行く機会があり、借りていたX-PRO1と単焦点レンズ三本を持って、作例撮りを兼ねてスナップ写真を撮ってきました。

    今回は富士フィルムのX-PRO1と、フジノンレンズ XF35mmF1.4 R、フジノンレンズ XF18mmF2 R、フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroの作例をアップしつつ、神戸・元町の雰囲気を楽しんでいただければと思います。

    フジのカメラはX10、X100の登場以降、かなり活気のある開発発表がなされています。
    今回使ったX-PRO1はフジの初代ミラーレス機。
    X-E1を以前借りたことがありますが、流石X-PRO1です、使用感というか、所有感が圧倒的に違います。

    X100シリーズにも搭載されていますが、やはりハイブリッドファインダーは使っていて面白いです。
    露出・色調がすぐ確認でき、視野率100%の電子ファインダーもいいですが、やはりそのままの景色を見て撮影を楽しむ光学ファインダーは外せませんね。
    単焦点レンズのみを使用したということもありますが、写りも抜群です。撮っていて楽しいカメラだと思いました。

    AFは比較的遅いなんて言われますが、スナップなら全然問題ありません。ただ、動きモノを撮るとなると、ちょっとむずかしいかな?

    本体がだいたい8万円、レンズ一本数万円、システムを揃えるとそこそこ金額が行ってしまうのがネックですが、フジの色合い・クラシカルなカメラが好きな方には、オススメできます。

    逆に、何となくミラーレスが欲しい!という方はX-PRO1よりSONYのNEXシリーズあたりがいいのかな?とも思います。良くも悪くもコストが掛かります。
    単焦点レンズを中心に集めるなら、キヤノンのEOS Mにマウントアダプターつけて、割安の中古単焦点レンズでもいいですしね。

    ただある程度写真を撮っていたり、写真を撮る楽しさを求めるのであれば、フジのXシリーズは良いように思います。
    フジノンレンズ XF35mmF1.4 Rなんかはコスパもいいですし、X-PRO1と35mm単焦点だけで楽しむのも渋くていいですね!

    使ったレンズの使用感をちょっと記述しておきます。

    フジノンレンズ XF18mmF2 RはX-PRO1を使っていて最も使用したレンズです。
    スナップとしてちょうどいい焦点距離と小さく主張しない大きさのレンズはPRO1につけていても違和感なし。常時つけるならこの一本ですね。

    フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroも使いましたが、これはちょっと扱いというか、何となくX-PRO1向きではない気がします。あまり使用もしませんでした。写りはそこそこいいですが、レンジファインダーライクな機種ではちょっと扱いにくいです。
    ただ、風景を切り取るという撮影スタイルとして言えば使いやすい焦点距離でもあります。今回はつけている時間が長かったので結構作例多し、です。

    フジノンレンズ XF35mmF1.4 Rは今日横浜で少しだけ使っただけ、残念ながらほぼ出番なし!です^^;
    いや、良いレンズで35mm換算で50mm近いので、一番使ってあげても良いレンズなんですが、今回つける機会もなく…また、ゆっくり使ってみたい一本です。


    今回はRAW現像をする環境がありましたので、撮って出しではなくてRAWで若干味付けしています。
    大幅な色調、露出、シャープネスの変更はしていませんので、ほぼ撮って出しですが、一応加工しているということで…参考程度にご覧ください。


    富士フィルム X-PRO1 + フジノンレンズ XF18mmF2 R 作例

    DSCF9305.jpg


    DSCF9314.jpg


    DSCF9292.jpg


    DSCF9295_20130820020301f10.jpg


    DSCF9312.jpg


    DSCF9306.jpg


    DSCF9316.jpg


    DSCF9388.jpg


    DSCF9393.jpg


    富士フィルム X-PRO1 + フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macro 作例

    DSCF9345.jpg


    DSCF9333.jpg


    DSCF9349.jpg


    DSCF9346.jpg


    DSCF9343.jpg


    DSCF9355.jpg


    DSCF9354.jpg


    DSCF9360.jpg


    DSCF9358.jpg


    DSCF9357.jpg


    富士フィルム X-PRO1 + フジノンレンズ XF35mmF1.4 R 作例

    DSCF9451.jpg


    DSCF9455.jpg



    Photo…
    富士フィルム(FUJIFILM)X-PRO1
    フジノンレンズ XF35mmF1.4 R
    フジノンレンズ XF18mmF2 R
    フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macro




    テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

    1. 2013/08/20(火) 02:18:28|
    2. -機材レビュー-
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    -FUJIFILM X-E1 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS レビュー-


    ブログTOPへ><RSStwitter←ブログが更新されたらツイートします >
    こんばんは^^*


    今日はフジフィルム X-E1 XF18-55mmF2.8-4 R LM OISのレビューを…

    XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS


    フジフィルムのデジカメブランドとして確立されつつあるXシリーズ。
    その中でレンズ交換が出来るX-E1 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS を少し使う機会があったので、簡単にレビューを書きたいと思います。

    ネットでの実売は9万半ば、量販店でも10万円弱と、値段も下がってきて手が届きやすくなった(?) X-E1+XF18-55mmF2.8-4 R LM OISのレンズキット。


    X-E18741.jpg
    X-1E+XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

    この組み合わせで購入される方・検討している方も多いかと思いますが
    XF18-55mmF2.8-4 R LM OISとの組み合わせはスナップカメラとしては文句ない一台です。

    ネットの口コミでも最近話題になってる通り、標準レンズとは一線を超えた描写力は魅力的です。


    X-E18732.jpg
    X-1E+XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS


    良好な発色と広いダイナミックレンジは想像以上。
    ポジフィルムモードで撮れば、よりこってりとした味わいを手に入れることができます。


    X-E18723.jpg
    X-1E+XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS F8

    望遠側・テレ端の写りも文句なし。F8まで絞ればフルサイズ並の描写ではないでしょうか?


    X-E18730.jpg
    X-1E+XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

    スナップを撮るには調度良い焦点距離。
    旅行にベストな選択肢ですね^^*


    続きます


    Photo…
    X-1E+XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS

    テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

    1. 2013/03/01(金) 01:28:07|
    2. -機材レビュー-
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    前のページ 次のページ

    Rise's Photo Gallery...

    プロフィール

    りせ

    Author:りせ
    風景から花、人物からスナップまで、ジャンルを問わず、自分の好きなように撮影しています。
    お気軽にコメント等残して頂けると嬉しいです^^*


    Twitter_lg.png

    カテゴリ

    -自己・カメラ紹介- (1)
    -フォト@GRIV- (34)
    -フォト@DP2 Merrill- (36)
    -フォト@観光- (106)
    -フォト@動物- (29)
    -フォト@地元- (21)
    -フォト@花- (26)
    -フォト@風景と空- (40)
    -フォト@花火- (19)
    -フォト@フィルム- (1)
    -フォト@食べ物- (9)
    -フォト@流れ星・天体- (8)
    -フォト@モノクロの世界- (18)
    -フォト@植物- (4)
    -フォト@国営昭和記念公園- (23)
    -フォト@Rollei 35- (1)
    -フォト@ビスケットカメラ- (6)
    -フォト@OLYMPUS TRIP 35- (2)
    -機材レビュー- (25)
    -カメラ機材- (65)
    TOKINA AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5 (1)
    タムロン(A16) SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] (1)
    EF-S 55-250mm F4-5.6 IS (1)
    EF 70-200 F4L IS USM (1)
    バッテリーグリップBG-E6互換品 (1)
    NIKKOR 55mm F1.2 (2)
    -その他- (82)
    Art 50mm F1.4 DG HSM (2)

    月別アーカイブ

    最近の記事+コメント

    ユニーク

    トータル

    リンク

    Amazonオススメ商品


    RAW現像の決定版

    Lightroomと一緒に

    花の撮影の勉強に

    格安SDカードの決定版

    わかりやすい教本

    ポートレートの教科書

    小物・商品の撮影に

    簡易マクロに便利な一枚

    初心者さんにオススメ!

    Merrillを使いこなすために…

    Canonと言えばコレ

    ポトレには欠かせない一品

    フィルターセット