FC2ブログ

    -ブルームーン-


    ブログTOPへ><RSStwitter←ブログが更新されたらツイートします >
    IMG_2163.jpg

    今日は数年に一度あるブルームーンの日でした(*´ω`*)


    月の満ち欠けは、平均約29.5日を周期として繰り返される。現在世界的に使用されているグレゴリオ暦の1暦月の長さは2月を除けば30日か31日で、月の初めに満月になると、その月の終わりに再び満月が巡ってくる。ひと月のうちに満月が2回あるとき、この2回の満月を「ブルームーン」と呼ぶ。本来、大気中の塵の影響により月が青く見えたことを「ブルームーン」と言っていたが、1946年に「Sky & Telescope」誌の誤解により、ひと月のうち2回目の満月を「ブルームーン」と呼ぶようになった。 このとき、特に1回目の満月を「ファーストムーン」、2回の満月を「ブルームーン」と呼ぶ場合があるとされるがあまり厳密ではなく、珍しいことのたとえとして「ブルームーン」と呼ばれるようになった経緯を考えれば、どちらの満月も「ブルームーン」である事に違いはない。  「ブルームーン」は、断定は出来ないものの、3年ないし5年に1度の周期で起こる。満月になった瞬間、さらに見える地域に限定されるので、それぞれの場所、国によって「ブルームーン」だったり、そうでなかったりする。

    また、大気中の塵の影響で月が本当に青く見えることもあり、これも「ブルームーン」と呼ばれる。例えば、1883年のインドネシアのクラカタウ火山の噴火後、約2年間は日没を緑に、月を青に変えたと言われる。このように、多くは火山の噴火、もしくは隕石の落下時に発生するガスや塵などの影響によって、かなり稀でいつ起こるか分からないものの、月が青く見えることがあるとわかった。しかし、そのように青い月を見ることは大変難しく、そのことから、「極めて稀なこと」「決してあり得ないこと」といった意味を指して使われる言葉となった。そのことから、19世紀半ばに "once in a blue moon" (めったにない)という熟語が生まれた。そういった意味を含めて、「特別なこと」を指す場合もある。

    「ブルームーン」の言葉の由来については、チェコ語からの転化、フランス語を英語に翻訳したときに生じた等々諸説存在するが、これといった定説は存在せず、天文学用語にも存在しない。「ブルームーン」という言葉は天文の正式な用語ではなく、定義がはっきりしていない。辞書において「ひと月に2回満月があるときのこと」などという記述は見つからず、大抵の場合は「大気のちりの影響で青く見える月」と記載されている。また、月が青く見えるのはあまり頻繁には起こらないことから、「ブルームーン」は「めったに起こらないような珍しい出来事」の意味で、慣用句として使われることが多い。

    また、「ブルームーン」を見ると幸せになれるという言い伝えがある。

    テーマ:月と星の写真 - ジャンル:写真

    1. 2010/03/31(水) 01:55:07|
    2. -フォト@流れ星・天体-
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2

    -月明かりに魅せられて-


    ブログTOPへ><RSStwitter←ブログが更新されたらツイートします >
    ring.jpg

    外を歩いてふと見上げると、月の周りに光のリングが!

    初めて見た(気がする!)ので、自宅へかえってすぐ記念撮影。

    電線の映り込みは気にしないでください(;´Д`)

    うすーい雲の影響なのかな?気になる!


    テーマ:空の写真 - ジャンル:写真

    1. 2010/01/31(日) 00:37:55|
    2. -フォト@流れ星・天体-
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    -オリオン座流星群の撮影-


    ブログTOPへ><RSStwitter←ブログが更新されたらツイートします >
    DSCF1007.jpg


    流れ星の撮影してみました。
    結構難しいとのことでダメ元だったのですが、なんと運良く撮影に成功!!!
    今後また流れ星の機会がありそうなので、メモついでに撮影方法などを。

    撮影設定

    カメラ機種名 Canon EOS Kiss X2
    撮影モード マニュアル露出
    Tv(シャッター速度) 10
    Av(絞り数値) 4.0
    測光方式 評価測光
    ISO感度 800
    レンズ タムロン (A16) SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF]
    焦点距離 26.0mm
    画質(圧縮率) RAW
    AFモード マニュアルフォーカス
    レリーズ

    撮影方法は目的となる星座の方向にカメラを向け、マニュアルで絞り、シャッタースピードとISOを設定後レリーズを使用しシャッターボタンを押しっぱなしにして放置します。

    シャッタースピードと絞り、ISOの目安は人それぞれだと思いますが、私は今回オリオン座をシャッタースピード2秒で撮影したときに星が写りこむF値とISOを設定しました。これは流れ星の落ちる時間が長くて1~2秒程度なので、最低でもこの明るさの流れ星を撮影できるような設定にしたかったからです。
    なのであまり光の強くない流れ星は切り捨て覚悟です。

    次に画面が真っ白にならない程度までシャッタースピードをあげていきます。5秒や3秒でもいいのですが、その場合枚数が膨大になってしまい後々PCに取り込んで流れ星を探す作業となると・・・気が滅入ります。
    今回は10秒に設定しました。

    ピントはマニュアルフォーカスで行い、∞の位置にピントを合わせます。
    あと夜景の撮影など長時間シャッターを開ける場合は、手ぶれ補正はOFFです。ゆれていないのに手ぶれ補正が効いてしまってブレブレ写真量産の可能性あり。

    場所
    神奈川県川崎市宮前区某所
    3階ベランダから撮影。周りは市街地

    天候
    晴天(一部雲あり)

    作例
    *クリックすると拡大されます。

    上は元写真
    下はトリミングです。

    IMG_8246.jpg

    TIMG_8246.jpg

    2009/10/22 0:14:41



    IMG_8312.jpg


    TIMG_8312.jpg

    2009/10/22 0:27:00



    IMG_8430.jpg


    TIMG_8430.jpg

    2009/10/22 0:51:12



    IMG_8853.jpg


    TIMG_8853.jpg


    2009/10/22 02:19:18



    IMG_8947.jpg


    TIMG_8947.jpg


    2009/10/22 02:37:36



    IMG_9044.jpg


    TIMG_9044.jpg


    2009/10/22 02:56:00




    KX2は最近の機種に比べ高感度に弱いのでざらざらしていますが、7Dや5D2、D90やD300Sなど高感度でもノイズが少ないものだともう少し綺麗にとれる気がします。

    こういうときトリミングに強い高画質カメラが欲しくなったり、ならなかったり・・・。

    ちなみに自分自身で流れ星を見たのは今回4個でした!
    やっぱり写真もいいですが、肉眼でみるのが一番いいですね^^* 続きを読む

    テーマ:星の写真 - ジャンル:写真

    1. 2009/10/22(木) 21:15:04|
    2. -フォト@流れ星・天体-
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:2
    前のページ

    Rise's Photo Gallery...

    プロフィール

    りせ

    Author:りせ
    風景から花、人物からスナップまで、ジャンルを問わず、自分の好きなように撮影しています。
    お気軽にコメント等残して頂けると嬉しいです^^*


    Twitter_lg.png

    カテゴリ

    -自己・カメラ紹介- (1)
    -フォト@GRIV- (34)
    -フォト@DP2 Merrill- (36)
    -フォト@観光- (106)
    -フォト@動物- (29)
    -フォト@地元- (21)
    -フォト@花- (26)
    -フォト@風景と空- (40)
    -フォト@花火- (19)
    -フォト@フィルム- (1)
    -フォト@食べ物- (9)
    -フォト@流れ星・天体- (8)
    -フォト@モノクロの世界- (18)
    -フォト@植物- (4)
    -フォト@国営昭和記念公園- (23)
    -フォト@Rollei 35- (1)
    -フォト@ビスケットカメラ- (6)
    -フォト@OLYMPUS TRIP 35- (2)
    -機材レビュー- (25)
    -カメラ機材- (65)
    TOKINA AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5 (1)
    タムロン(A16) SP AF 17-50mm F/2.8 XR Di II LD Aspherical [IF] (1)
    EF-S 55-250mm F4-5.6 IS (1)
    EF 70-200 F4L IS USM (1)
    バッテリーグリップBG-E6互換品 (1)
    NIKKOR 55mm F1.2 (2)
    -その他- (82)
    Art 50mm F1.4 DG HSM (2)

    月別アーカイブ

    最近の記事+コメント

    ユニーク

    トータル

    リンク

    Amazonオススメ商品


    RAW現像の決定版

    Lightroomと一緒に

    花の撮影の勉強に

    格安SDカードの決定版

    わかりやすい教本

    ポートレートの教科書

    小物・商品の撮影に

    簡易マクロに便利な一枚

    初心者さんにオススメ!

    Merrillを使いこなすために…

    Canonと言えばコレ

    ポトレには欠かせない一品

    フィルターセット